1. ホーム
  2. オナホール
  3. ≫オナホールの素材

オナホールの素材

今回はオナホールの素材についてご紹介します!「なんとなくゴムで出来ているんじゃ?」なんて形でぼんやりとしか考えていないのだとしたら、もう、もったいないです! オナホールはオナニーの気持ちよさに熱すぎるほどの情熱を燃やす人たちが素材からこだわりを持って作っているのです。

素材によってオナホールの使い心地も大きく変わります。真のオナリストになるためにも、オナホールの素材に関してぜひご覧ください!

トキメキのオナホ素材は、原料×添加物配合の秘密レシピで作られる!

まず、オナホールの原料ですが、現在はほとんどがエラストマーと呼ばれるものが使われています。これはポリ塩化ビニルの代替材料です。このエラストマーとは熱を加えると軟化して、冷却すればゴム状に戻るという性質を持っています。

この原料に対して、添加物を配合していくわけです。この配合比率ことが、各メーカーさんの生命線。オイル・色粉・香料・軟化剤・充填剤・老化防止剤・可塑剤・架橋剤と様々な添加物が配合されてオナホールの素材は作られています。

お気に入りのオナホールのあの柔らかさはどうやって出しているのか……。知るためにはもう工場に入社するしかないというわけです。

セーフスキン・ベビースキン・ゲルトーマ3つの素材の特徴とは?

原料と添加物をコネコネされて作られたオナホールの素材は、最後に「セーフスキン」「ベビースキン」「ゲルトーマ」と呼ばれるようになります。それぞれの特徴ですが、セーフスキンとベビースキンに関しては、高品質な素材がセーフスキン、2番目の素材がベビースキンという違いです。なので、最高品質を求めるならばセーフスキンの商品がおすすめです。無臭でサラサラとしているので、ゴムの独特の匂いが苦手という人なんかはセーフスキンを使われることが多いです。

次にゲルトーマですが、こちらはゲル状エラストマーを省略して名付けられました。上記セーフスキンやベビースキンとは違い、結合を強める添加物が入っているため、柔らかくべたつかないひと肌に近い質感を楽しめるというのが特徴です。 リアル志向の人なんかはゲルトーマの製品を買われることがおおいです。

以上が現状のオナホールに使われているメジャーな素材です。今度オナホールを買う時には、素材の名前を見て「あ、これはサラサラ無臭の最高級品……。それがこの値段なんて買いだ!」的なやり取りをされてみてください!

SNSでオナニーの輪を広げよう!

関連記事